【s6使用構築】G3ブルルドランポリゴン2~黒き魔装の誘惑~【最高2051最終18XX】

お久しぶりですとすTです。SM最終シーズンのs6でs3以来のレート2000、自身の最高レートも更新もできましたので、記念に構築記事を書きたいと思います。

 

パーティーはこちら

f:id:toxapex:20171109230928p:plain

 

s5の1位の方のパーティーが自分のプレイスタイルに合っているなと感じたのでそこからパーティーを組み始めた。

 

本家のパーティーのモロバレルの枠はカプ・レヒレへの抑制力を考えてカプ・ブルルに。するとブルルドランの並びが完成したので、ブルルドランのパーティーで結果を残していた方々のパーティーを参考にしてボーマンダギャラドスに変更した。

 

【個体解説】

 

gengar-mega.gif

ゲンガー@ゲンガナイト 呪われボディ→影踏み 

臆病 実数値(メガ前) 159(188)-×-80-150-104(68)-178(252)

シャドーボール/道連れ/守る/滅びの歌

 

パーティー単位で重い霊獣ボルトロスに対して1:1を取る駒。

また受けルやオニゴーリも滅びの歌でカモる。

 

f:id:xxCR7xx:20171014143618g:plain

ギャラドスギャラドスナイト 威嚇→型破り

陽気 実数値(メガ前) 171(4)-177(252)-99-×-120-146(252)

滝登り/地震/氷の牙/龍の舞

 

カバリザの並びが多いと感じた点、特性によりミミッキュにも強い点から採用。

カプ・ブルルがパーティーにいる点からカバルドンカプ・レヒレがほとんど選出されず、1舞すればeasy winという展開がとても多かった。

ABミミッキュは怯ませていけ。

 

カプ・ブルル@カプZ グラスメイカー

意地っ張り 実数値 177(252)-196(228)-135-×-115-99(28)

ウッドハンマー/ウッドホーン/自然の怒り/岩石封じ

 

完全な見せポケ。選出することはまずない。

 

heatran.gif

ヒードラン@食べ残し 貰い火

穏やか 実数値 193-×-127-155-154-116

噴煙/大地の力/毒毒/守る

 

個人的には臆病のほうが毒ドランは好きだが、穏やかのほうが環境に刺さっていると感じ穏やかに。

ポリゴン2を見て出やすいガルドやパーティーに刺さっているテテフを止める駒。

当たるならマグマストームを採用したかったが、命中不安ということもあり噴煙に。噴煙火傷を引いてしまったことにより毒が入れられなくなるという試合もたまにあったのでマグストか噴煙かは諸説。

2連守るは常識って感じで決めてくれる子だった。

テテフの闘Zは禿げる。

 

f:id:ponz_poke:20170718160502g:plain

グライオン@毒毒玉 ポイズンヒール

慎重 実数値 177(212)-115-151(44)-×-139(252)-115

地震/ハサミギロチン/身代わり/守る

 

いつもは毒の枠をギロチンにしたグライオン

不利対面をギロチンで突破したり有利対面でギロチンを押して出てきた裏のキツいポケモンを処理できたりとギロチンの強さを感じたが、毒ではなくて絶対ギロチン!と感じるほどではなく、一長一短といった感じだった。

ギロチン当てるとTwitterでめっちゃ4ねって言われるので毎日のエゴサはとても楽しかった。(割と名指しされる)

 

porygon2.gif

ポリゴン2@進化の輝石 トレース

図太い 実数値 191(244)-×-156(252)-125-117(12)-80

イカサマ/冷凍ビーム/†マジックコート†/自己再生

 

この構築の地雷枠。

誕生のきっかけは自分が好きなAVの黒き魔装の誘惑シリーズ。黒き魔装、、、魔装、、、マジックコート!!!こんな感じで採用された。

ポリゴン2で見れるポケモンポリゴン2をメタってくることが多く(マンムーランドロス等の毒など)、そのポケモンにとにかく刺さった。

マジックコートにより場合によってはステルスロックを撒けたりもするので裏のギャラドスのサポートもできる。

一番楽しいのはビビヨンとゲンガー等の催眠ポケの催眠技を跳ね返すとき。

 

 

基本選出はドラングライポリ2から2or3とメガ枠1匹。

場合によってはゲンガーとギャラの2メガ選出をすることもある。

構築段階で無理なポケモンが数匹おり、身代わり悪巧み化身ボルト、高速移動電気Z霊獣ボルト、テクスチャーポリゴンZなどである。並びで言うとイーブイバトンも重い。ポリZとイーブイバトンに関してはZされる前にゲンガーを投げて滅ぶしかない。

 

SM最終シーズンでしたが、名前をよく聞く方や面白い並びに遭遇することもあり、とても充実したシーズンでした。

最高レートも更新することができましたので、USMではこの最高レートを更新できるように努力したいです。

また、SMではいわゆる陰キャ構築ばかり使っていたので、USMではまた違った構築にも挑戦したいです。

ここまでの閲覧ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【JPNOPEN3位入賞構築】サザングロスカババシャサンダーミミッキュ

 

どうもとすTです。今回は9月23日に行われた第8回JPNOPENで自身最高順位の3位という結果を残せましたので、記念に構築記事を書きたいと思います。

 

使用した並びはこちら。

 

f:id:toxapex:20170924215043p:plain

 

いつもはブルルドヒドイデでオタクサイクルしているのですが、今回のオフは予選が10人または11人ブロックということで、絶対に集中力がもたないなと感じたので、久しぶりにサザングロスを使用することにした。

 

【個別紹介】

サザンドラ@拘り眼鏡 控えめ 0-0-0-252-4-252

悪の波動 流星群 気合玉 大文字

 

グロスが突破仕切れない耐久ポケモンを崩す仕事を担う。

眼鏡の火力は素晴らしく、1度有利対面を取ってしまえば試合を楽に進められた。

受けサイクルのパーティーにはこいつ1体で勝つこともあった。

大文字を打ちたい相手には裏の一貫を考えて悪の波動を打つことが多かったので、大文字の枠をパーティーで重たいカプコケコの交代読みで打てる大地の力にしてもいいかもしれない。

選出率は同率3位

 

 

f:id:SAZIN:20170324023955g:plain

メタグロス@メガ石 陽気 92-140-20-0-4-252

アイアンヘッド 思念の頭突き 冷凍パンチ 岩雪崩

 

上から30%を押しつけ続ける最強の鉄の塊。

ベスト4をかけた試合でポリ2とレヒレをアイヘで突破した時は震えた。

岩雪崩はリザY対策だったがリザードンに1度しか当たらず、地震を打ちたい相手に当たりまくったのでこの枠に関しては諸説といった感じです。

選出率は堂々の1位。全試合選出。

 

 

カバルドン@ラムの実 腕白 252-4-92-0-148-12

地震 欠伸 怠ける ステルスロック

 

グロスの全抜きをサポートするポケモン

調整はあみゅさんのカバルドンの丸パクりなのだが、この構築にあう調整に変えるべきだなと感じた。それでも場にでれば仕事をしてくれた。

選出率2位

 

 

バシャーモ@電気Z 意地 0-252-0-0-4-252

フレアドライブ 飛び膝蹴り 雷パンチ 剣の舞

 

サザンドラが出せないパーティー(レヒレ+サザンドラがキツいポケモン)への崩し役。こいつとメタグロスのおかげで後述するサンダーが勝てるポケモンを呼んでいたので、選出誘導と言う点では仕事をしていたと思う。

レヒレがまずいなかったので選出率6位

 

 

f:id:OrehaHirasho:20150730025434g:plain

サンダー@食べ残し 穏やか 220-0-84-4-76-124

放電 毒毒 身代わり 羽やすめ

 

パーティー的に高耐久のポケモンを呼ぶので採用した。いっちーさんという方のサンダーの調整と同じである。この型のサンダーがs5で増えて警戒されると知り合いに言われたが、パーティーと立ち回りでどうにでもなるなと使って思った。実際こいつ1匹で何度も詰められた。

選出率は同率3位

 

 

ミミッキュ@フェアリーZ 意地 228-252-28-0-0-0

じゃれつく 影うち 剣の舞 呪い

 

相手のパーティーにゲッコウガがいたら初手に出す。それ以外は出さない。以上。ある方がパーティーにミミッキュを入れない理由が現環境ではないって言ってたから入れてみたけど、絶望的に弱かった。

選出率5位

 

パーティー的にゲッコウガとカプコケコが重たいのがこの構築の改善点であるなと感じた。バシャーモミミッキュの枠を上手く変えられたらもっと強いパーティになるなと感じました。


 最後に、JPNOPENで対戦してくださった方々ありがとうございました!とても楽しい試合ばかりで自分にとっていい経験になりました!